実質年率が低いところで借りたいならココ!

実質年率が低いキャッシングといえば、
イチオシなのが「みずほ銀行カードローン」です!

 

みずほ銀行カードローン

 

 

 

「みずほ銀行カードローン」は数ある銀行カードローンの中でも、
トップクラスの実質年率を誇ります!さらにネットからの申し込みでも、
即日融資が可能な数少ない銀行カードローンなんですよね。

 

>>>みずほ銀行カードローンの詳細を見る

 

キャッシング業界で実質年率がもっとも低い業者をピックアップしてみました!

キャッシング業界において、他にも実質年率が低い、
キャッシングを厳選ピックアップしてみました!参考にしてもえると幸いです!

 

■実質年率で選ぶ&30日間無利息で借りることもできる「プロミス」がおすすめ!

プロミスの場合、実質年率4.5%〜17.8%と、
銀行カードローン以外のキャッシングの中では好条件な実質年率で借り入れ可能です!
(特に〜50万円ぐらいまでの少額借り入れだと、一番低い金利で借り入れが可能)

 

さらに「30日間無利息サービス」もの利用できる(※)ので、
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)
かなりおすすめのキャッシングといえます。

 

実はこの「無利息サービス」はアコムでもやっていますが、
アコムの場合、契約したその日から無利息サービス期間がスタートするので、
契約後、すぐに借り入れしないと十分に無利息サービスは活用できないんですよね、、

 

でもプロミスなら、初回借り入れの翌日から無利息期間がスタートしますので、
30日間しっかり無利息サービスを利用できるというわけです!

 

…と、サービスも充実しているので、
プロミスを借入先第一候補に考えてもらうと良いと思います!

 

>>>プロミスの詳細を見る

 

■銀行系キャッシングなら「アコム」がおすすめ!

銀行系キャッシングであればバックに三菱東京UFJ銀行がついているアコムがおすすめです!

 

アコム

 

実は実質年率でいうと、アコムが4.7%〜18.0%に対して、
プロミスのほうが低い(4.5%〜17.8%)んですが、「アコム」のほうが、
借入しやすいというのがおすすめする理由です。

 

これには根拠がありまして、
バックについている三菱東京UFJが業績好調のためか、
貸付に積極的だからです。借り入れに不安がある…という人なら、
アコムをおすすめさせていただきます(笑)

 

>>>アコムの詳細を見る

 

■銀行カードローンなら「みずほ銀行カードローン」はおすすめ!

 

みずほ銀行カードローン

 

純粋に実質年率の低さで比べたら、みずほ銀行カードローンの右にでる業者はないですね!

 

>>>みずほ銀行カードローンの詳細を見る

 

■即日融資希望なら「三井住友銀行カードローン」がおすすめ!

即日中の融資をお願いしたい、、
そんな人には「三井住友銀行カードローン」がおすすめです!

 

三井住友銀行カードローン

 

また銀行カードローンの中でも、
トップクラスの低金利などスペックも魅力です!

 

>>>「三井住友銀行カードローン」の詳細を見る

 

■イオン銀行に口座を持っている人なら「カードローンBIG」がおすすめ!

イオン銀行に口座を持っている人なら、
「カードローンBIG」がおすすめです!

 

イオン銀行カードローンBIG

 

実質年率は3.8〜13.8%と好条件で借り入れ可能、
14時までに申し込みすれば、即日中の融資も可能です♪

 

>>>「カードローンBIG」の詳細を見る

 

■誰にもバレずにキャッシングがしたいなら「モビット」がおすすめ!

家族・友人にキャッシングがバレたくない!そんな人にはモビットがおすすめです。

 

 

モビットの「WEB完結」であれば、カード発行など不要でキャッシングできるので、
誰にも知られずキャッシングすることが可能です!「こっそり借りたい…」そんな人は迷わずモビットです!

 

>>>モビットの詳細を見る

 

キャッシングの実質年率ってそもそもなに?

キャッシングをする時によく目にする「実質年率」という言葉、
これって何?って思う人もいるんじゃないでしょうか?

 

簡単に説明すると、例えば「10万円借りた時の実質年率が10%」の場合なら、
「1年間で利息が1万円、返済額は11万円の借金になるよ!」ってコトを意味します。

 

ですが実際は毎月返済していくものなので、
1万円返済しておけば、次は9万円の金利の10%といった感じで、
月々の利息分は変わっていきます。

 

…ちょっとわかりにくいですよね、、
ですが、「実質年率が低いほうが良い」というのは気付いてもらえたと思います。

 

ちなみにキャッシグ業者は実質年率以外、
利用者からお金を取ることはないので、入会費とか年会費、
利用手数料などが発生することはありません。

 

これは貸金業者が「実質年率以外で利益を取る」ことを禁止されているからなんですね。
(コンビニでかかるATM手数料などは別です)

 

実質年率でもなんでこんなに幅があるの?

「4.0%〜14.0%までってなんでこんなに幅があるの?どの金利なんやろ?」
って思う人も多いと思いますが、これは借入する人の審査結果によって変わってきます。。

 

「え?じゃあ、その審査結果によってどうかかわるんかな」と思ったので、
電話で問い合わせをしてみたのですが…どの業者も教えてもらうことはできませんでした(汗)

 

ただやはり、借入する金額が多ければ多いほど、金利は安いというのが分かりました。
あとスタートはやはり、どの業者も一番高い実質年率でっという業者が多いみたいですね。

 

この14%がどれくらいの金利かというと、
10万円借入したときに月に払う金利が1,150円です。

 

20万円だと2,300円、30万だと3,450円という感じです。
そこに月々の決められた元金をプラスして返済していくイメージですね。

 

数社からキャッシングしている管理人が率直に感じたこと

管理人も結構ヘビーにキャッシングを利用しているのですが、
唯一、利用していて2年目に実質年率の引き下げについての電話がかかってきたことがあります。

 

それが「みずほ銀行カードローン」だったんです。

 

これは本当にビックリしましたが、基本的に、
自分から金利の引き下げ交渉をしないと実質年率は下がることはありません。

 

ですが、この電話で思いましたけど、
「毎月キチンと返済していく人に対してはすごく優しい対応してくれるんだなぁ」、
と個人的に感じました。

 

そんな経緯もあり、実質年率が単に低いだけではなく、
「みずほ銀行カードローン」がおすすめなんです。

 

>>>みずほ銀行カードローンの詳細を見る

 

実質年率だけにこだわっていると、、

ただ、やはり実質年率にこだわっていると、
各業者のサービスなどに目が行かなくなります(汗)

 

例えば、カードレスの業者の場合、振込融資しか方法がないので、
土日祝日、年末年始、ゴールデンウィーク、盆、深夜などだと対応がしてもらえません、、

 

その点、いざという時にすぐにコンビニなどで24時間引き出せる、
カード配布型のキャッシングのほうがおすすめです。

 

実は昔、会社の同僚が交通事故で亡くなるという悲しい事があったのですが、
その時管理人は喪服はもちろん、スーツもを持っていませんでした。

 

誰かに借りようにも管理には身長は185センチという長身だったので、
誰ももサイズの合うスーツを持っていませんでした、、

 

それに給料日前で手持ちにあるのが9千円という相当悲しい感じだったので、
「どうしよ、、」ってなっていた時にお世話になったのがカードローンでした。

 

何とか即日に20万円の枠が作れたので、香典とスーツ代も用意でき、
その日の夕方までに間に合ったという出来事がありました。

 

本当に緊急の時の備えとして、カードローンは必要だな…とつくづく実感しました。